宅配のビオマルシェで後悔?…入会前に知っておきたい口コミでの評判!

ビオマルシェの評判を口コミから検証!

ビオマルシェは近畿一円など、関西地方を中心に、百貨店や大手スーパーでも取り扱う店舗が増加していて、野菜ブランドのひとつとしてその地位を確立しつつあります。

また、レストランなどの外食産業や学校給食でも利用されるなど、様々な方面に販路も開拓されており、今回ご紹介するビオマルシェの国産オーガニック野菜を中心にした宅配事業も非常に人気があります。

ビオマルシェの原点は、1983年に兵庫県西宮市で生鮮野菜を扱う八百屋を立ち上げたときの、創業の理念にあります。

「街を耕す百姓になろう!」

このスローガンの根底には、持続可能な社会作りの一環には、有機野菜を普及させることが、これから先必須の状況になるとの想いが込もっています。

そして現在の運営主体となる株式会社ビオ・マーケットは、創業時の理念をさらに発展させて

「安心で美味しいオーガニック野菜を、もとめるすべての人に届けたい!」

との思いで、有機野菜を中心にした宅配を開始しました。

有機野菜と謳いながらも、その実態は、単に減農薬だけに取り組んだものに過ぎない野菜も横行している現実があります。

それを前にして、ビオマルシェはサービス開始当時から、独自の評価基準を設定し、確かな品質のオーガニック野菜の供給に取り組んできました。

創業から10年たった1993年には、国際的に権威と信頼性の高い基準に準拠し、品質保持基準を採用し、誰でも安心して口にできる本当のオーガニック野菜を供給する体制作りを確立します。

そして2001年4月1日からは、より客観的で分かりやすい有機JAS表示を全面的に採用しています。

有機JAS表示をすることが許されるのは、登録認定期間に有機JAS規格に適合した方法で栽培・供給が行われていることが検査され、所定の基準を満たしていることが認証された野菜だけです。

つまりビオマルシェは、厳格な基準のJAS規格認証を取得しているので、本当のオーガニック野菜だけを供給していることが証明されているわけです。

有機JAS規格をよりどころにするということは、視点を変えると、生産者・販売者・消費者のすべての関係当事者が確かな証を手にすることができることを意味します。

生産者は土作りから肥料選び、基準を充たすための栽培方法などについての証。

販売者は正真正銘のオーガニック野菜を供給しているという事実を、市場や消費者にアピールするための証。

消費者は有機JAS規格の認証を受けた旬のオーガニック野菜であるという証を、生産者・販売者から受け取ることができるのです。

★☆★ ビオマルシェの有機野菜が脚光を浴びる理由 ★☆★

ところで、今改めて有機野菜が脚光を浴びる理由が、どこにあるのか考えてみましょう。

戦後の高度経済成長の時代は、増加する人口に対応するために、輸入食材を増加させる一方でした。

国内農業においても、化学肥料や消毒薬などを積極的に活用し、効率的な食料の供給に重点が行かれていました。

ところが輸入食品の増加や効率性を追究した農業が主流になった結果、化学肥料や消毒薬の多用により、食に対する安心感が失われてきました。

そこで土作りから栽培法を見直し、環境への負荷が少ないオーガニック農法を求める動きが出てきたのです。

しかし有機農業を実践するには、従来の効率的な栽培法に比較すれば、手間もお金もかかります。

コスト増加要因が多いため、実際に市場で供給するとなると高い値段をつけざるをえません。

これではいくら環境に優しく、たとえ栄養価が高い野菜を生産したとしても、マーケットが小さすぎて市場における競争の中では生き残ることができないのです。

そこでビオマルシェは宅配というシステムを取り入れました。

1つのスーパーで有機栽培を求める人はごくわずかですが、宅配になると全国がマーケットになります。

マーケットが拡大することによって、生産農家も安定した収入源を確保することができるようになります。

ビオマルシェが契約農家からの野菜を供給するというシステムを採用している理由は、もちろん安心・安全なものであるということを消費者に保証する意味と、常に安定した供給ができるという面もあるのです。

そんなビオマルシェが提供しているオーガニック野菜は、季節の旬の野菜たちが揃います。

300件に及ぶ契約農家では、それぞれの気候や風土にあった野菜や果物を栽培しているため、季節により担当する産地が違ってきます。

栽培地のリレーを行うことで、いつでもビオマルシェは旬の野菜を供給することができるのです。

旬の野菜を口にすることで、食材のもつ本来の濃厚な旨みや甘み・高い栄養価などの恩恵を、私達は得ることができるのです。

★☆★ ビオマルシェのおすすめセット ★☆★

ビオマルシェの代表的な野菜セットを御紹介しましょう。


a.多菜セット

野菜をたくさんつかう御家庭には、ビオマルシェの「多菜セット」がおすすめです。

野菜が大好きな方はもちろんのこと、育ちだかりのお子様に旬の有機野菜を食べさせてあげたいそんなニーズに応えています。

根菜が多めの葉菜やトマトなどの里菜が8-10種類程度がセットになっており、税別2400円となっています。


b.フルーティーセット

新鮮な旬の野菜も大好き、そんなニーズにはビオマルシェの「フルーティーセット」がおすすめです。

素材まるごとのフルーツジュースはもちろん、そのまま食べてもみずみずしさを体感できます。

野菜各種に果物を7-8品目ほどのセットで税別2400円となっています。


c.いきいきセット

野菜だけでなくトータルで栄養バランスを整えたい方には、ビオマルシェの「いきいきセット」という選択肢があります。

旬の野菜と果物に新鮮な卵がセットになっていて税別2400円です。

卵はストレスの少ない平飼いで飼育された鶏が産んでいるので、安全で栄養価も高いのが特徴です。


d.ゆうきだいすきセット

一人暮らしの方や無駄なく旬の新鮮な有機野菜を堪能したいときは、ビオマルシェの「ゆうきだいすきセット」をおすすめします。

旬の有機野菜や果物などが少しずつ9-10品目ほどがセットで、税別1952円になっています。

★☆★ ビオマルシェの利用方法 ★☆★

旬の有機野菜や果物を宅配してくれるビオマルシェですが、具体的に利用方法はどのようになっているのでしょうか?

まずビオマルシェの配送方法には、自社便とヤマト宅配便サービスの2種類があります。

割安な送料になっている自社便は、対応エリア内であれば選択できます。

対応エリアは近畿一円のほか、東京や埼玉に愛知や岐阜・三重県などです。

自社便を利用したときの配送料金は代金に含まれているので、野菜セットなどを購入する限りでは追加送料などは発生しません。

週一回のお届け曜日にビオマルシェは配送されてきますが、いつにどの時間に配送されてくるのかは、対応エリアによって違いがあります。

原則として在宅時に直接受け取ることになりますが、不在時には玄関前や宅配ボックスなどに納品されます。

商品の性質上、再配達はできないので注意が必要です。

仮に希望する指定時間に配送を希望するときは、ヤマト宅配便サービスを利用することになります。

ビオマルシェ専用の包装材で送られてきますが、再利用を前提にしているので、次回配送時に回収してもらう形になります。

野菜セットは初回申し込み時に指定するわけですが、もちろん後日にコースの変更することは自由にできます。

★☆★ ビオマルシェの評判を口コミから検証 ★☆★

まず、ビオマルシェの宅配で人気の高い野菜セットの品目の豊富さに、高い評価が集まっていました。

季節ごとにセットになっていますが、年間を通じると40種類ほども多種多様な品目のなかから、旬のものが週一回配送されてきます。

自宅にいながら全国のオーガニック野菜などをリーズナブルな価格で入手できるのは、特に都市圏の共働き家庭などでは買い物の時間もなかなか確保できないだけに、高い評価を得ていました。

また有機野菜ならではの、力強い味わいを感じることができる点も高い評価があります。

実際にビオマルシェの契約農家では半年もの時間をかけて土作りをする場合もあるので、市販の野菜に比べると「野菜本来の味わいが濃厚」「野菜臭さをかんじない」などの口コミが見受けられました。

食材自体の旨みが濃厚なので、ローストするだけでも十分美味しく食べれるといった感想もありました。

ビオマルシェでは新鮮な状態で配送してくれますが、調理の際には皮をむいたり、必要なサイズにカットするなどの手間が必要になります。

例えば既にスライスされていたり、カットされていたりしてすぐに野菜炒めなどに活用できる、ミールセットなどにはなっていません。

そこで調理のための手間を省くことができない点を指摘する口コミが見られました。

確かに他の食材宅配サービスではミールキットは人気のようですが、しかしビオマルシェの有機野菜は味が濃厚なので、適当なサイズにきってローストして醤油などのシンプルな味付けでも十分美味しくいただけます。

この点事前にカットしてしまうと、旨みなども切り口から流出しやすくなるのは確かです。

手間がかかるとは言っても、素材の持ち味を損なわない点では優れているとも評価出来るでしょう。

ところで一般のスーパーで市販されている野菜類は、水分が多いものの味わいが比較的あっさりしたものが多く販売されています。

オーガニック野菜ではない食材に慣れている方にとっては、ビオマルシェの野菜は味が濃厚すぎると感じる方もいらっしゃるようです。

この点は味の好みなのでなんとも言えませんが、食べなれていないといったことも関係しているので、有機野菜を普段の食生活に取り入れることで、味わいの違和感もなくなってくるのではないでしょうか。

◆◇◆ まとめ ◆◇◆

高級百貨店や専門店でしか入手できなかったオーガニック野菜を、一般家庭にまでしっかり届けてくれるのがビオマルシェです。

本当にありがたいサービスです。

しかし初めて利用する方にとっては、生の食材であるだけに不安を抱く方もいらしゃるのではないでしょうか。

現在ビオマルシェでは送料無料の「お試しセット」が用意されてますので、気になってた方は、まずは「お試し」から始めてみてください。

ビオマルシェ送料無料の「お試しセット」はコチラ



■LINK■